ACTIVITY

100 IDEAS OF MEH

MEHでできる100のこと

「メムアース ホテル」のスタッフが提案する、
十勝を知る、楽しむ、味わう100のアイデア。

IDEA. 013

ホロヤカントウで夕陽に佇む

竪穴住居跡とアイヌ民族が見た変わらぬ景色

今回も前回に続き、ホロカヤントウのお話です。実はこの地には、約千年前の擦文文化期を主体とする竪穴住居跡の群落があり、擦文式土器などが出土されています。擦文人の集落は、河川のまわりに存在していたと言われ、ここホロカヤントウにも集落がありました。2枚目の写真は、その竪穴住居跡。十勝に暮らしたアイヌ民族たちの見た雄大な風景を眺めながら、歴史に思いを馳せる。そんな過ごし方もオススメです。

昼と夜の境界、オレンジ色に輝く水面を眺める

そして、ここホロカヤントウは、実は最高の夕陽スポット。湖の奥に広がる低い丘に、夕日が沈んでいく少しの時間、湖がオレンジ色に光り輝きます。写真は11月の半ばのマジックアワー。水面に氷が張り始めた時期。今まで見たことのないほど美しく、幻想的な景色が広がっていました。

Profile

原田裕人

Hiroto Harada

宮崎県出身。東京で大手イベント会社・企画会社を経て「MEMU EARTH HOTEL」へ。バックパック一つでアメリカを横断した経験を持ち、自身のフィールドワークでもある、アクティビティの企画・開発を担当。秘境へのガイド、釣り・カヌー・ブッシュクラフトなど、十勝の風土を活かした様々な体験をご提案いたします。

Previous
Next