ACTIVITY

100 IDEAS OF MEH

MEHでできる100のこと

「メムアース ホテル」のスタッフが提案する、
十勝を知る、楽しむ、味わう100のアイデア。

IDEA. 012

ホロヤカントウでワカサギを釣る

水平線が見渡せる、氷上でのワカサギ釣り

「メムアースホテル」のある大樹町には、海岸線に沿うように、ホロカヤントウ、オイカマナイトウ、湧洞沼など、複数の沼があり、それぞれの沼にワカサギが生息しています。その中でも自信を持ってオススメしたいのが、ホロカヤントウでのワカサギ釣りです。海水が逆に上る沼を意味するというホロカヤントウは、淡水と海水が混じり合う汽水湖。広々とどこまでも続く白銀の水面、そして振り返れば太平洋の水平線が一望できます。まさに、ここはどこ? 私は誰? といった状態に(笑)。日本とは思えないような壮大な景色にきっと誰しもが圧倒されるはずです。

コツは沼の「底」。ときどき現れる大物にも期待!

そして、肝心のワカサギはというと、自然繁殖に加え、大樹町の漁協が孵化放流を行っていることもあり、比較的安定して釣果が期待できます! ちなみにワカサギは沼の底の方にいて、なかなか移動しません。なので、沼の底で餌が活きているように動かして誘うのがポイントです。ワカサギの習性をつかんで頑張って釣りあげましょう! また、チカ(少し大きなワカサギのような魚)やカレイなども釣れるため、急なヒット性のあるあたりにも期待大! 釣れた魚は、その場でフライにして食べることも、ホテルに持ち帰ってディナーで食べることも可能です。そして、思いっきり釣りを楽しだあとは、ぜひ「晩成温泉」へ。世界的にも珍しい超高濃度ヨード泉で冷えた体をゆっくり温めて、ホッと一息つくのがオススメです。

Profile

原田裕人

Hiroto Harada

宮崎県出身。東京で大手イベント会社・企画会社を経て「MEMU EARTH HOTEL」へ。バックパック一つでアメリカを横断した経験を持ち、自身のフィールドワークでもある、アクティビティの企画・開発を担当。秘境へのガイド、釣り・カヌー・ブッシュクラフトなど、十勝の風土を活かした様々な体験をご提案いたします。

Previous
Next