ACTIVITY

100 IDEAS OF MEH

MEHでできる100のこと

「メムアース ホテル」のスタッフが提案する、
十勝を知る、楽しむ、味わう100のアイデア。

IDEA. 005

浜大樹にサイクリングに出かける。

海を望む林道は、別世界への入口。

十勝の雄大な自然を肌感覚で味わうには、自転車は最高のツール。というわけで、今回はサイクリングのススメです。で、一体何が素晴らしいのか? その魅力をお伝えするために、自分の体験を少し書かせてもらおうと思います。それは、雪もようやく少なってきた4月のある朝のこと。いつもより少しだけ早起きして、地元で浜大樹と呼ばれる海岸を目指すことにしました。少しずつ新緑が深まりつつある日高山脈を横目に見ながら、ホテルから自転車を走らせること約10分。クマザサと柏に囲まれた森へと続く林道が現れます。

 

 

そこは、エゾリスやエゾジカに出会うこともある手付かずの自然への入口。自転車のペダルを漕ぎ出すと、草のこすれる音や鳥の鳴き声など、これまで走ってきた道とは違うさまざまな自然の音が聞こえてきます。木々の隙間から差し込む美しい光に包まれながら走っていると、まるで別世界に入ったような不思議な感覚に捉われました。

朝靄と流木が作りあげる、幻想的な海岸線。

心地よい高揚感を抱えたまま林道をくぐり抜けると、永遠に続くかのように広がる海岸線が目の前に広がります。まだ少し冬の匂いが残る澄んだ空気の中、朝靄に包まれた海がとても神秘的でした。話は変わりますが、浜大樹はたくさんの流木が漂着することでも知られるスポット。火山灰性の黒い砂浜と真っ白な流木のコントラストが織りなす風景はいつ見ても幻想的です。旅の思い出に流木を拾いがてら、1時間ほどゆっくりと時間をかけてサイクリング。朝、少しだけ早目を覚まして、十勝の自然を五感で味わってほしいと思います

Profile

原田裕人

Hiroto Harada

宮崎県出身。東京で大手イベント会社・企画会社を経て「MEMU EARTH HOTEL」へ。バックパック一つでアメリカを横断した経験を持ち、自身のフィールドワークでもある、アクティビティの企画・開発を担当。秘境へのガイド、釣り・カヌー・ブッシュクラフトなど、十勝の風土を活かした様々な体験をご提案いたします。

Previous
Next