NEWS

FROM MEMU EARTH HOTEL

「メムアースホテル」の最新トピックス

春夏秋冬、十勝から国内外へ。
「メムアースホテル」のニュースをお届けします。

建築家・隈研吾がデザインした 宿泊者専用のトレーラーバー、
「FARM Bar NEMU」がオープン。

「メムアースホテル」の食のコンセプトは、“資源再読”。十勝の自然環境との調和した持続可能な食のあり方を提案するために、ホテル内に畑を開拓。地産地消を超えた「Farm To Table」の実現を目指して、20品目を超える野菜やハーブを育てながら、皿の上だけではないこの土地ならではの食の姿を探求しています。

 

ホテル内のファームに新しくオープンした宿泊者専用のバー、「FARM Bar NEMU」(ファームバー ネム)は、そんな私たちの思いをお客様にカタチとして届ける場所。建築家・隈研吾氏とアウトドアブランド〈スノーピーク〉が共同開発したモバイルハウス「住箱」を舞台に、目の前の畑で採れるハーブや野菜を使ったオリジナルカクテルを提供していきます。

オススメは、ミントの原種と言われるイエルバブエナを使った「自家製ミントのプレミアムモヒート」(¥1,200)。野性味溢れる力強い香りが持ち味のイエルバブエナは、本場キューバのモヒートには欠かせないハーブ。文豪ヘミングウェイも愛した本格派モヒートの味わいを気軽にお楽しみいただけます。また、アルコールが苦手な方のために「自家製しそヴァージンモヒート」やオリジナルのコーヒーを使った「メムアースブレンドトニック」(各¥700)など、ノンアルコールカクテルもご用意。畑の中に現れた非日常感たっぷりの空間で、贅沢な時間をどうぞ心ゆくまでお楽しみください。

 

下記のリンクから動画もご覧いただけます。

 

FARM Bar NEMU

 

Photo_Naoki Wagatsuma

Previous
Next